カーポートのスチール折板の特徴について

自動車を所有している以上駐車スペースの確保は必須になりますが、その駐車スペースにも工夫をすることが可能です。賃貸などの完備されている駐車スペースでは無理ですが、自宅の庭などを駐車スペースとして利用している場合はカーポートを取りつけることが可能です。雨が多い地域や雪が多い地域などは、天気による被害から車を守ることなどができます。カーポートを設置する際の素材には種類が多くあり、その中でもスチール折板と呼ばれる素材があります。ガルバリウム鋼板とも呼ばれており、とても安定感の素材の1つです。遮熱性にすぐれており太陽の光をさえぎる特徴と、耐荷重性などにもとても優れている素材です。重みや光の熱にとても強く安定感があるということから、強風がふく地域や豪雪地帯などで利用するカーポートの場合は、スチール折板を使用するのに適しています。

カーポートのアルミ素材の特徴について

カーポートを自宅の駐車スペースに設置する家はとても多いです。自動車自体を天候や気候から守ることもできますし、雨の時などは利用する人も濡れずに済みます。また設置スペースが狭い場所でも車庫とは違って支柱と屋根だけのデザインになるため、カーポートであればスペースをとることがなく設置できるという場合もとても多いです。では実際に設置する場合ですが、やはり最初は素材を選ぶ必要があります。その中でも手軽なのがアルミ素材になります。アルミは弱いイメージがありますが、しっかりとした耐久性があり、合わせて遮熱性や遮光性といった特徴もあるのでとても優れた素材のひとつになります。見た目なども家の前に設置するのに外観を損なう事がなく、カーポートとしては人気のある素材の1つです。またアルミ素材の特徴として錆にも強いので長い間使用することが可能です。

カーポートの設置スタイルについて

自宅の庭に車庫が欲しいけど、スペース的に無理な場合はカーポートがおすすめです。本体となる支柱と屋根だけの車庫になるため、スペースが狭くても設置することが可能です。カーポートには屋根の形や使用する素材など数多く種類がありますが、その中でも設置スタイルなどを選ぶこともできます。スペースが狭くても設置できるタイプとしては、片側支持タイプがあります。本体である支柱は2本だけのタイプなので駐車スペースの邪魔になることもなく、スッキリとした見た目にすることが可能です。もうひとつの設置スタイルとして両側支持タイプがあります。両側に支柱をつけて屋根を支えるタイプにあるため、安定感のあるタイプのカーポートになります。4本の支柱で屋根を支える丈夫さがあるので、雪が多く降る豪雪地帯なでも安心して設置することができるタイプのスタイルになります。