カーポートの役目は色々ある

カーポートは単純な雨よけ効果だけではありません。カーポートを設置するだけで、車内の温度の上昇を大きく抑える事が出来ます。特に暑い夏にはその効果を実感します。また鳥のふんなどが車に付着する事を防ぐ事も出来ます。設置する事で洗車の階数が減る事は間違いありません。また少し余裕のあるスペースの場合、スペース一杯に設置する事も出来ます。自転車などを置く場合に大変便利です。カーポート効果は暑い夏場だけではありません。冬場にもその効果を発揮してくれます。凍結防止や霜の防止効果があります。また積雪に関しては近年積雪に強い素材の商品が登場していますので、雪の多い地域に設置する場合は商品の確認してから設置すると安心です。設置してくれる業者はインターネットでも探す事が出来ます。中には非常に良心的な費用で設置してくれる業者もあります。

カーポートの設置で注意するべき点

自分の愛車をいつまでも綺麗に保ちたいのであれば、カーポートの設置をお勧めします。直接紫外線がボディに当たらないことで、車の塗装のダメージを大幅に軽減することができることや、洗車をした後に雨が降っても直接車に当たらないので良いことが多いと言えます。しかし、簡単に設置ができるイメージのあるカーポートも、設置には注意点があります。まずはどのようなタイプを選ぶのかをしっかり検討をしておきしょう。さまざまなタイプがありますが、一般的な物は両サイドに足があるタイプと、片側だけに足があるタイプです。両サイドに足があるタイプは、しっかりとしていますが、駐車をするさいに圧迫感を感じてしまうことがあります。また、片側に足があるタイプは駐車が楽に行えるメリットがありますが、強風などに弱いということがありますのでしっかり検討しましょう。

カーポートを選ぶ場合には

カーポートの設置を考えている人は、安易の設置をするのではなくしっかり検討を行い設置をするようにしましょう。なぜなら、カーポートはその目的に応じてタイプが異なるからです。例えば、雨や雪などを避けたいと考え設置する場合は、とくに雪の場合はその重さに耐えることができる強度があることや、雪などが屋根に溜まりにくい構造になっているタイプを選ぶべきです。雪かきを行わないで済むということだけではなく、雪の重みで屋根が変形してしまうことも避けることができます。また、カーポートの屋根はほとんどの場合、太陽の光を通すように作られています。明るい雰囲気を保つためにそうされていますが、できる限り紫外線をカットしてくれる素材を選ぶべきです。そうすることで、車のボディへのダメージが大幅に軽減させることができるでしょう。