カーポートの素材の種類について

自動車を駐車しておくスペースに車庫として利用されることが多いのがカーポートになります。デザインや素材などの修理なども多く、一般の家庭でも取りつけている人はとても多いです。そんなカーポートですが素材の種類はとても多く、デザインや耐久性など様々な特徴があります。一般的によく使用される素材としてはポリカーポネートがあり、衝撃などにも強いタイプになります。プラスチックの中でももっとも衝撃に耐えられうる強さをもった素材です。他にはFPR板と呼ばれるガラス繊維強化プラスチック素材などがあります。スチール折板といった素材やアルミ形状などがあり、耐荷重性に優れた特徴や遮光性や遮熱性などに優れている特徴などを持っています。自身が済んでいる地域の気候なども考慮して、作る際の素材選びはとても重要なポイントになるのでしっかり選ぶことが大切です。

カーポートのポリカーポネート素材について

自宅の車庫としてカーポートを設置する人は多くいますが、素材などは色々と種類などがあり特徴などにも違いが出てきます。一般的なカーポートとして使用される素材として多いのが、ポリカーポネートと呼ばれる素材になります。特徴としてはとても粘りの強い性質をもっており、プラスチック素材の中では一番衝撃に強い面もあります。気温などの温度変化などにも素材自体に狂いが少ないことも特徴の1つになります。素材自体が紫外線などをカットしてくれる性能があるため、車の色あせやシートなどの日焼けなどを防ぐことにも役立ちます。ポリカーポネートの機能の中には熱線吸収を行うものもあるので、それを利用することで夏の社内の温度上昇などを抑えることもできます。カラーとしても半透明なものから色が多少はいっている透明系などものもあり選べる種類が多い素材になります。

カーポートのFRP板の特徴について

自動車事態を駐車する場合ですが、本来は屋根などもない駐車スペースに吹きさらしの状態で止めてあることが一般的におおです。ですが太陽光から塗装の劣化を防いだり、ゴミや雪といった物から車を守る役目をしてくるカーポートを導入するひとは多くいます。カーポート自体は自宅の庭を駐車場にしている人で、ある程度のスペースがあれば設置することは可能です。素材にも種類が色々あり、そのなかでもFRP板と呼ばれる素材で作られたカーポートなどがあります。FRP板ですがガラス繊維強化プラスチックと呼ばれる素材であり、とても強度に優れている特徴を持っています。素材自体に熱線遮断タイプのものもあるので、真夏などの強い光の熱から車を守る事ができます。プラスチックのため、表面が浮き出して見えるエンボスタイプやカスミ模様などが付いているものも多く、見た目的にもオシャレな素材のひとつです。

わが社の主力商品・サービスは、安心の長期保証や台風保証がついた価格・スタイル・性能・オプションに合わせて選べるカーポートです。 一流メーカーのカーポートを半額以下で激安販売。 ご購入まで費用は一切不要。工事後のお支払いで安心。 台風で屋根が飛ばされても、台風被害補償で安心。 日本全国に様々なカーポートの施工実績が数千件あり。地域にあった強度のカーポートをお選びいただけます。 カーポートのことなら専門家にお任せください!